top of page

マフムード・アッバースがハマスをPLO(パレスチナ解放機構)に組み入れるために粛々と行っていること

Updated: Jan 6

アル=アラビーヤ(ドバイ)の報道によると、12月25日、PLOはハマスに組織への加入条件を提示した。PLOのメンバーはラマラのパレスチナ自治政府本部で会合を開き組織加入の可能性を議論した。条件の一つは国際法の遵守である。



PLOは1964年に外国のパレスチナ人難民組織として設立され、様々な場所(ヨルダン、レバノン、最終的にはチュニジア)に定住し、多くのパレスチナ人組織(最大のものはファタハ)を統合する枠組みとして活動していた。これらの組織は海外およびイスラエル内でテロ行為を行っていた。

報告によるとPLOはハマスに4つの条件を提示し、これらの条件にテロ組織が署名した後にのみ参加を議論することができる。



第一の条件は、1967年の境界線内で東エルサレムを首都とする独立したパレスチナ国家に関する立場を明確すること。第二の条件はあらゆる形の抵抗が「パレスチナ人の自然権」であることを強調し、現時点では「大衆的抵抗が適切な形態」であることに同意、PLOの方法が適切であることを認めること。第三の条件は、PLOをパレスチナ人の正当かつ唯一の代表として認め、同組織のさまざまな義務を遵守すること。これは「過去にイスラエルとの平和協定に署名したことを考慮に入れて」である。第四の条件は、国際法に従い紛争解決の基盤として合法性を確保すること。



報告によると、PLOはフセイン・アル・シェイク率いる代表団をエジプトへ派遣し、次の段階についての「共通のアラブの立場」について、特に安全保障理事会が戦争停止後の政治的展望を調査することを決定した後について協議する。



過去のアル=アラビーヤの報告によると「この敏感な政治的段階で技術官僚中心の政府設立をパレスチナ指導者層が拒否していることをPLOの情報筋が認めた」と伝えられている​​。



さらにPLOは、西岸とガザを組織の責任外で運営するパレスチナ政府の設立に関する提案を拒否した。このイニシアチブに関する報告では、エジプト側がパレスチナ自治政府に対して、この情報は初期のものであり公式には発表されていないと通知したとされている。「これらの問題は、近日中にカイロに到着するPLOの公式代表団を通じてエジプト側と協議される」と報告。なおパレスチナ自治政府アッバス大統領は、現在PLOの議長を務めている。



Commenti


bottom of page